エコキュートで快適生活

エコキュートとオール電化

オール電化のデメリット

オール電化は、これまでみてきたように様々なメリットがありますが、デメリットも存在する事を忘れてはいけません。まず、オール電化にすることで、昼間の電気代は高くなってしまいます。

オール電化の場合、基本的に深夜は電力が割引になるので、なるべく深夜に電力を利用しようとします。

しかし、深夜電気代が安くなっている分、昼間の電気代は通常より高く設定されており、家にいる時間が長い専業主婦などがいる場合は、結果的に電気代が高くなってしまうというデメリットがあります。

また、使用できるものが限定されてきます。特に、IHクッキングヒーターはガ炎ではなく電磁線の働きで鍋自体を加熱しているので、金属などの電磁線が通過する調理器具でなくては使用する事ができず、これまで使用してきた調理器具は使えない可能性があります。

また、すべて電気で統一することで、ライフラインが一本化してしまうというデメリットがあります。オール電化は、電力一本で家庭のエネルギーがまかなわれています。万が一、停電時などが起きた場合は、何もできなくなってしまうというデメリットがあり、生活に不安を感じるという人が少なくありません。

また、環境に優しいとされているのに、設置コストが高額なため、今ひとつ普及しきれていないという現常があります。

オール電化を導入すると、設置工事費が100万円になることもあり、国の補助金制度や、各地方自治体などの援助を上手に利用しないと、うまくオール電化のメリットを得ることができません。

スポンサードリンク

Copyright (C) エコキュートで快適生活 All Rights Reserved