エコキュートで快適生活

エコキュートとオール電化

エコキュートと床暖房

エコキュートは、給湯目的でお湯を沸かすだけではなく、床暖房の機能にも対応しています。この為、エネルギーを無駄なく使用し、100%オール電化ハウスの実現も、実用化に貢献しています。

しかし、エコキュートで床暖房を補うことは、無駄なくエネルギーの利用ができて、節電で節約ができるといったメリットばかりではありません。

床暖房を使用する時期は当然冬場に限りますが、エコキュートの床暖房は、電気料金の安い深夜だけでなく、日中にも使用する事になります。

基本的に、深夜に電気を使用してエコキュートでお湯を沸かし、日中は深夜に沸かしたお湯を使用するルというのが、エコキュートの一般的な使用方法です。お湯を沸かすエネルギーを利用して、床を温めるのがエコキュートの床暖ですが、日中も運転する事になると、深夜の蓄熱分だけでは足らなくなり、途中で湯切れを起こしてしまいます。

昼間に蓄熱をすると、エコキュートはコストが高くなるので、途中で湯切れを起こすと多大な損害となる可能性があります。この為、エコキュートのヒートポンプは、電気を消費するヒーターの3倍以上もコストがかかってしまうあ危険もあるのです。

冬は朝から晩まで床暖房を使用しているので、お湯を作るのが間に合わなくなってしまいます。湯切れは、新しく水を温めてお湯にするのではなく、覚めたお湯を再度沸かしなおすので、水道代がかかるわけではありませんが、昼間に電気を使用してお湯を沸かすことは、痛い出費であることに変わりはありません。

スポンサードリンク

Copyright (C) エコキュートで快適生活 All Rights Reserved