エコキュートで快適生活

エコキュートの基礎知識

エコキュートの構造

エコキュートは、従来と違いガスを使用しないのですが、どのようにお湯を沸かしているのでしょうか。基本的に、お湯を沸かすには電気やガスなどを使用して、水を温めなくてはなりません。

水が温めるには電気やガスなどのエネルギーが加えられて、水の温度が上昇させる必要があり、この法則を無視して水を温める事ができません。従来の方法では、水の温度を上昇させるのに、多くのエネルギーのロスがあり、エコキュートはどれだけこのロスのエネルギーを抑えることができるのかに注目されて、開発されました。

エコキュートの場合、エネルギーに対して水に与えられる熱エネルギーは、電力で直接温めるのではなく、外の気温を使用して温めています。外の空気を集めることで、冷媒である二酸化炭素が外気の温度を吸着し、この外気を圧縮することで高温化し、水を熱によってお湯にするという仕組みになっています。

エコキュートは電気で水を暖めているのではなく、電気で外のエネルギーを集めてエネルギーを確保しているので、1つのエネルギーに対して1つのエネルギーから得られる以上のエネルギーを集めることができるのです。

この為、少ないエネルギーで多くの熱量を得ることができるので、省エネルギーが可能になり、エコキュートは環境に優しいとされています。エコキュートでは、二酸化炭素を使用していますが、エネルギー変換に利用した二酸化炭素は、再度低温にして再利用しているので、二酸化炭素を排出する事はありません。

スポンサードリンク

Copyright (C) エコキュートで快適生活 All Rights Reserved